<サークル活動内容へ> <TOPへ>
    
1.設立の経緯:「脳トレ」「ボケ防止」「脳の活性化」を目標として
  2005 年夏設立 会員15 名(内3名女性)
2.目的(趣旨):新しいタイプの健康的・健全な社交の場の提供
3.対象:健生会員及び会員の紹介する知的ゲームに関心のある方
4.年間を通じての開催状況:毎月第1・3土曜日18〜21時 神奈川県民センター
5.内容(特色と効用):伝統ある国際的なゲームでその特色と効用 は読みのゲーム
  (人 場の現状  時の流れの変化を) チームプレイ(信頼と協力と寛容の精神に基づく
  紳士・淑女のゲーム)
  オークションとプレイで構成されルールは簡単(誰にでも出来るゲーム)
  2人1組 2組4人で1ラウンド約40 分のゲーム(健康的な気軽な遊び)
  必要品はカードと鉛筆のみ 年会費1,000 円は会場費に(経済的負担 少)
  国際的なゲーム(グローバル社会の ものの考え方 マナー 習慣 の理解)
  マインド スポーツ 「負ける悔しさ」「勝つ喜び」(勝負の世界の醍醐味)
  興味・関心のある方は世話役まで 経験の有無は問いません 初心者には 講習会あり
   曜日・時間が合わなければ 変更・追加も考えます。
6.世話役:丹下淑夫・大内正義・寺内顯正
(イラストはコントラクト ブリッジをテーマとしたアガサ クリスティの推理探偵小説「ひらいたトランプ」の原本の表紙)